【Python】OpenCV 画像をリサイズする方法

プラグラミング言語「PYTHON」を使ってみよう!!

業務自動化・効率化の実例を踏まえ、解説できればと思っています。対象は、プログラムを学び始めた初心者向けとなります。

今回の内容

  • openCVを使用して画像をリサイズする



使用するのはopenCV

使用するのは、画像処理ライブラリのopenCVです。ここではopenCVがインストールされているのを前提として書き進めていきます。

サンプルコード

import cv2

img = cv2.imread('shiro1.jpg')
img = cv2.resize(img, (0, 0), fx=0.5,fy=0.5)

cv2.imwrite('shiro1_resize.jpg', img)

cv2.imshow('img', img)
cv2.waitKey(0)
cv2.destroyAllWindows()

コメント

  • 「cv2.imread〜」で画像の読み込み
  • 「cv2.resize〜」でリサイズ実施
  • 「cv2.imwrite〜」で画像の書き出し
  • 「cv2.imshow 〜」最後の3行は画像の表示です

パスは指定していないので、リサイズしたい画像はプログラムと同じフォルダへ入れておく必要があります。

「img = cv2.imread(‘shiro1.jpg’)」は、「img = cv2.imread(‘shiro1.jpg’, 0)」とすることでグレースケールで読み込むこともできます。

リサイズは0.5にしているので、半分のサイズになります。「元画像サイズ x 0.5」です。

ピクセル固定にする場合は、「img = cv2.resize(img, (500, 500))」でOK。



タイトルとURLをコピーしました