Python / 絶対覚えておきたい!!「空のリスト」を作って、その中身をエクセルで確認する方法

プラグラミング言語「PYTHON」を使ってみよう!!

業務自動化・効率化の実例を踏まえ、解説できればと思っています。対象は、プログラムを学び始めた初心者向けとなります。

今回の内容

今回は、Pythonで多様するリストについて解説します。リストを使いこなすことで、プログラミングの幅がぐっと広がるはずです!!

リストの基礎、リストに入っているデータの確認方法、空のリストの作り方、リストをcsvファイルで書き出す方法などを解説していきます。



リストとは?

リストは、任意の型のデータを格納できるコンテナです。

もっと噛み砕いて言うと、リストとはその言葉通り、多くの人がイメージする「数値が並んでいるリスト」「名前が並んでいるリスト」そのものです。

“任意の型のデータを格納できる”とは、整数であったり、小数点をもつ数値であったり、文字であったり、どのような型でもリストに入れることができることを意味します。

データの型は、「整数 int」「不動小数点 float」「文字 str」に分けられます。

リストの書き方

リストは、通常[]で囲み、要素の区切りはカンマを使用します。

a = [1,2,3,4,5]
print(a)
print(len(a))
print(a[:3])
print(a[3:])

“a”というリストに1から5までの数値を格納しました。

2行目からは、そのリストから数値を取得しています。書き方によって、得られる数値が異なっているのが分かると思います。

print(a)では、全ての数値

print(len(a))では、要素の数。1から5まで5つの要素なので、要素の数は5です。

print(a[:3])はスライス。インデックス3までの数値を取り出しています。

print(a[3:])もスライス。インデックス3以降の数値を取り出しています。

出力はこちら。

[1, 2, 3, 4, 5]
5
[1, 2, 3]
[4, 5]

リストは、整数、浮動小数点、文字列のどれでも使用可能です。ここでは、ほんの一部だけしか記載していませんが、リストは値を追加したり、スライスしたり、エクセルのようにsumで合計を表示させたりと様々な事ができます。

かなり頻繁に使用される部分でもあるため、しっかりと覚えておきたいですね。実際にプログラムを書きながら学習すると、リストというものを感覚的に理解できると思います。

空のリストの作り方

“空のリストを作る”とは、まだ何も入っていないコンテナを作るということです。入れ物だけ先に作っておいて、あとでそこにデータを入れていきます。

lists = []

空のリストは、[]で囲う事でつくることができます。

これでlistsという変数に、データを入れていくことができます。

空のリストへのデータの入れ方 数値

lists = []
lists.append(1)
lists.append(2)
lists.append(3)
print(lists)

出力

[1, 2, 3]

リスト名.append()でリストに数値を入れる事ができます。リストへの数値代入として最も基本的な入力方法です。

ここでは、listsというリストに1,2,3の数値を代入しています。

空のリストへのデータの入れ方 計算式

lists = []
for x in range(1,11):
    lists.append(x+5)
print(lists)

出力

[6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15]

リストには計算結果を代入することもできます。

for文、Range関数の組み合わせで1から10までの数値をxに代入し、そのxに5を足した数をlistsに入れていきます。

1+5, 2+5, 3+8….となるので実際にリストに入る数値は、6, 7, 8….となります。

リストからデータフレームを作成

pandasを使用してリストからデータフレームを作成します。

import pandas as pd
lists = [1,2,3,4,5]
df = pd.DataFrame(lists, columns = ['data'])
print(df)

これでデータフレームを作成することができました。

データフレームからcsv書き出し

データフレームからcsv書き出しをするには、DataFrame.to_csv() メソッドを使用します。

import pandas as pd
lists = []
lists.append(1)
lists.append(2)
lists.append(3)
lists.append(4)
lists.append(5)
df = pd.DataFrame(lists, columns = ['data'])
df.to_csv("df_test.csv")

上のプラグラムを実行するとcsvファイルが書き出しされます。


A列にはインデックス、B列にはリストのデータが書き出しされています。

空のリストを作り、そこにデータを代入しデータフレームを作成する。そのデータフレームをcsvで書き出しすることで、エクセルで数値を確認することが可能です。

created by Rinker
翔泳社
タイトルとURLをコピーしました