【Python】ExcelデータをPlotlyでグラフ化!!ヒートマップ を作成

Python備忘録。内容は初心者向けです。

今回の内容

  • Pandasでエクセルファイルを読み込み
  • plotlyでヒートマップを作成



使用するのはPlotly

使用するライブラリは、見た目のよいイマドキのグラフが作成できるPlotlyです。

サンプルコード


import pandas as pd
import plotly.express as px

df = pd.read_excel('data.xlsx',sheet_name='Sheet1')

fig = px.imshow(df,title='Sample Graph',range_color=[1.0,1.5])
fig.update_layout(autosize=False,
                  width=500, height=500,
                  margin=dict(l=65, r=50, b=65, t=90))
fig.show()

コメント

  • 「df = pd.read_excel〜」で、エクセルファイルの読み込み
  • 「fig = px.imshow〜」で、plotlyでヒートマップ作成
  • 「range_color〜」で、レンジを設定
  • 「fig.update_layout〜」で、画像の大きさや余白の設定

今回はデータ数が少ないサンプルグラフの作成だけですが、豊富なデータがあればかなりいい感じのヒートマップが作成できそうですね。色合いも素敵です。

エクセルだけだと作成が難しいグラフでもPlotlyなら簡単にできそうです。

元データはこれ。A2からE6までの25点のデータです。

出力


レンジの設定は、「range_color=[1.0,1.5]」で設定します。これを書かない場合は自動でレンジが決まります。この部分を設定するのがちょっと苦労しましたが、なんとかできました。棒グラフなどの軸の設定とは書き方が異なるのですよね。

↑Plotlyを使うならこれ!!Plotly&Dashが学べます!