【Python】Pillow エクセルから座標入力して図形描写する方法

Pillow

プラグラミング言語「PYTHON」を使ってみよう!!

業務自動化・効率化の実例を踏まえ、解説できればと思っています。対象は、プログラムを学び始めた初心者向けとなります。

今回の内容

  • エクセルに入力されている数値を用いて図形を描写する



使用するのはPillow

使用するのは、openpyxlとPillow(PIL)です。ここでは両方のライブラリがインストールされているのを前提として書き進めていきます。

サンプルコード

from PIL import Image, ImageDraw
from openpyxl import load_workbook

wb_input = load_workbook('input.xlsx')
ws_input = wb_input['Sheet1']

x = ws_input['B1'].value
y = ws_input['B2'].value
xx = ws_input['B3'].value
yy = ws_input['B4'].value

im = Image.new('RGB', (300, 300), (245,255,250))
draw = ImageDraw.Draw(im)
draw.rectangle([(x,y),(xx,yy)], fill=(250,235,215), outline=(230,230,250),  width=3)

im.save('draw_from_excel.png')

コメント

  • 「wb_input〜」でエクセルファイル読み込み
  • 「ws_input〜」でシートを読み込み
  • x,y,xx,yyにセルの値を代入
  • 「draw.rectangle 〜」で長方形を作成


エクセルファイルをプログラムと同じフォルダへ保存します。

このエクセルのB1、B2、B3、B4セルの値を使用して図形を描写します。

流れ的には、エクセルファイルを読み込んで、セルに入力されている値をx,y,xx,yyに代入。その座標を使用してpillowで図形を作成するというものです。

pillowによる図形描写の基礎はこちらから>>>【Python】Pillow 図形を書く方法

出力



タイトルとURLをコピーしました