Numpy配列をcvsファイルに書き出しする方法

プラグラミング言語「PYTHON」を使ってみよう!!

業務自動化・効率化の実例を踏まえ、解説できればと思っています。対象は、プログラムを学び始めた初心者向けとなります。

今回の内容

  • Numpy配列をcsv出力する



Numpyとは?

NumPyは、数値計算を高速に行えるライブラリであり、機械学習やディープラーニングなどの分野でよく利用されています。

配列をcsv出力

今回はNumpy配列をcsv出力したいと思います。

Numpy特有の配列に馴染みがない方もいると思うので、概要をざっとおさらいしましょう。

一次元配列、二次元配列、三次元配列

配列は、複数のデータをまとめたものです。

x = [1,2,3]

このように1,2,3が横に並んでいるものが一次配列

x = [[1,2,3],[4,5,6]]

2次元配列はXYの2軸です。
エクセルの表で言うと、1,2,3は1行目、4,5,6は2行目に入力されているようなイメージです。

x = [[[1,  2,  3],[4,  5,  6]],[[7,  8,  9],[10, 11, 12]]]

三次元配列は奥行き方向が追加されます。

二次元配列の1から6までの数が記載されたカードと、同じく二次元配列の7から12までの数が記載されたカードが重なっているイメージです。

配列をcsv出力する

import numpy as np
x = np.array([ [1,2,3], [4,5,6] ])
np.savetxt('test.csv', x, delimiter=",")

1から6までの二次元配列をcsv出力してみましょう。


出力されたcsvファイルをエクセルで読み込んでみました。

import numpy as np
x = np.array([ [1,2,3], [4,5,6] ])
np.savetxt('sample.csv', x, delimiter=",",fmt='%d')

3行目を少し変更して、整数を指定すると、


すっきりとした表示になりました。

created by Rinker
翔泳社
タイトルとURLをコピーしました