【Python】Mapboxのスタイルを変更する方法

プラグラミング言語「PYTHON」を使ってみよう!!

業務自動化・効率化の実例を踏まえ、解説できればと思っています。対象は、プログラムを学び始めた初心者向けとなります。

今回の内容

今回は、前回Mapboxで作った新型コロナ感染者数のスタイルを変更したいと思います。



使用するのはPlotly

使用するライブラリは、見た目のよいイマドキのグラフが作成できるPlotly。エクセルでは作れない高度なグラフも作成できるおすすめのライブラリです。

あと、地図を表示するのにMapboxを使用します。

ここではPlotlyがインストールされているのを前提として書き進めていきます。

サンプルコード

import pandas as pd
import plotly.express as px

px.set_mapbox_access_token("mapboxのトークンを入力")

df = pd.read_csv('covid19-a.csv',header=1)

fig = px.scatter_mapbox(df,lat="lat", lon="lon",size="pop",color="pop",size_max=80,zoom=3, height=500,mapbox_style='dark')
fig.update_layout(margin={"r":0,"t":0,"l":0,"b":0})
fig.show()

コメント

前回からの変更箇所は、8行目「mapbox_style=’dark’」のところです。


darkにすると黒ベースのシックな印象の地図になります。コロナ感染者数だとこちらのほうが良さそうですね。


スタイルは色々と選べるので、グラフの雰囲気にあったものを使いましょう。こちらは「Style: streets」です。


「Style:Satellite」はこんな感じです。

[使用できるスタイル一覧]
‘basic’, ‘streets’, ‘outdoors’, ‘light’, ‘dark’, ‘satellite’, ‘satellite- streets’


↑Plotlyを使うならこれ!!Plotly&Dashが学べます!


↑データの前処理はPandasで。



タイトルとURLをコピーしました