ブックレビュー「技術英語の基本 – 決定版 – 」in case of は基本使わない!!

技術英語の基本 – 決定版 –
著者 Richard Cowell、佘 錦華
出版社説明
本書は,従来の技術英語作文技法の成書とは違い,日本人が特に間違いやすい用語の使い方や構文,そして句読法の使い方を重要度の高い順に対比的に説明している。今回の決定版ではプレゼンテーションのノウハウについても解説した。



本書は、英語で技術レポートを書く学生・社会人を対象としています。ある程度の英語の知識があるのは前提としているため、本書に記載されている単語や例文に訳はありません。例文には「wavelength(波長)」とか「anneal(焼きなます)」などの専門用語がよくでてくるので難解な印象もありますが、文法自体は単純なのでTOEICスコア500以上くらいなら問題ないと思います。

英語のライティングをするようになって単語の使用方法に悩むところもありましたが、本書を読めば「あっ、こういう使い方をすればいいんだ!!」ってのが分かって文章に自信が持てるようになりました。

例えば、これまで日本語で「〜の場合」って説明したい時に、「in case of 〜」を使っていたのですが、in case of 〜は、異常が生じる場合や通常の処理と異なる場合にだけに使うので、日本語でいう「〜の場合」を使うときは、「for」や「When」を使うということが良いのですよね。

◯ In case of fire.
◯ In case of emergency.

技術英語でよく使うのは、

「〜の場合、〜となる」という文章です。下の例文はともに「in case of」は使用しなく、「For」や「When」を使って説明しています。

Forを使う場合
✖︎ In case of smaller circuits, SIMOX devices are 25% faster than bulk one
◯ For smaller circuits, SIMOX devices are 25% faster than bulk one
whenを使う場合
✖︎ In case of the Si layer is thick, we get simple periodic oscillations.
◯ When the Si layer is thick, we get simple periodic oscillations.

ただし、通常と異なる場合を述べるときは使用可能としています。

in case of は、あくまで一例ですが日本人が間違いやすいところを、図をつかったりして分かりやすく説明してくれているので、英語でレポートを書く機会がある人は必須です。ほんと勉強になりました。

Contents
Section 1
in this work vs. in this paper
novel
ave vs. avg
realize
confirm
that vs. which
Adjective Clause: Short Form
Changes & Differences
first vs. at first
operating principle
evaluate vs. estimate
Units
enable
Punctuation: Space
Style: Dynamic Verbs 1
Prepositions 1

Section 2
propose
Lists
Specifying Values
depend on
contain vs. include
on the contrary
adopt
cannot can not can’t
in case of fire
Connecting Nouns
apply
Punctuation: Hyphen (-)
Style: Dynamic Verbs 2
Prepositions 2

Section 3
compared to vs. than
damage vs. damages
for -ing
is expected
approach
can could
consist of
as a result
proportion(al)
is thought
each
prepare
becomes vs. is
Punctuation: Colon (:)
Style: Unnecessary Repetition
Prepositions 3

Section 4
remarkable
control
tolerance
respectively
common vs. popular
recently
simplified
introduce
enough
Adjective Formation (-ing)
Adjective Formation (-ed)
compensate:他動詞 vs. 自動詞
conventional
Punctuation: Comma 1
Style: Unnecessary Words 1
Prepositions 4

Section 5
effective
has been used vs. is used
number
by vs. with
the both, the each, the another…
Keep Related Words Together
multi-
fixed
coincide
traditional
correspond
Punctuation: Comma 2
Style: Unnecessary Words 2
Prepositions 5

Section 6
know vs. find out
approach to key to
then
a/an vs. one of (the)
most vs. most of (the)
none, one, some, most, all
Meaningless -ing
issue vs. problem
obvious
so-called
optics is vs. optics are
therefore vs. so
problem with/of
Punctuation: Semicolon (;)
Style: (Fig. 3)
Prepositions 6

Section 7
measured vs. measurement
contribute to
Bad Passives
because vs. since
composition vs. content
another vs. the other
maintain vs. remain
improve
saturate
not A or B
be consistent with
recover vs. restore
monotonous vs. monotonic
Punctuation: Parentheses
Style: Larger For A Than For B
Prepositions 7

Section 8
fluctuations vs. variation
however, then, therefore, thus
with increasing frequency
almost
whose
performance vs. performances
flow
against
complete(ly) vs. perfect(ly)
summarize
reach
small AND red?
commercialized, specialized, standardized
compare between
express
XXXable
Change vs. Comparison
Punctuation: Slash
Punctuation: Capitals
Punctuation: Dash
Prepositions 8

Section 9: 口頭発表のヒント
形式のレベル
初めに
アウトライン
次のトピックへの移行
聴衆を見ること
I vs. We
略語の導入
スライド
レーザーポインター
終わり
暗 記
プレゼンテーションを短くする方法
質疑応答の時間
練習
セッションの司会を務める方法
References
Answers
Index